クラウドバックアップ

前日に行った診療データ(カルテデータ)を、翌朝のシステム起動時に自動的にクラウド(データセンター)に自動でバックアップします。
万一の障害発生時には、クラウド保管してあるデータを使って復旧します。もし災害などでHDDや院内のバックアップが壊れてしまっても、クラウドにあるバックアップデータを使って復旧できます。
※「クラウドバックアップ」には、常時接続のインターネット環境が必須です。

aquilax-x network

 

「見守りサービス」で安心!

弊社開発のソフトウェアエージェント「ノーティフ」が常駐し、データの破損などに備えた情報収集を自動で行います。「ノーティフ」からの信号は、インターネット回線を通じて弊社データセンターサーバに送られ、お客様の運用状況が常に見守られる仕組みとサービスを提供します。
※「見守りサービス」には、常時接続のインターネット環境が必須です。

aquilax-x network

他社ソフトがそのまま使える!

AQUILAX-Xは、他社システムとの連動をベースとした院内LANの基幹システムとして稼働します。単一メーカーで構築するシステムと異なり、ナンバーワンの実績を持つ個々のシステムメーカー製品をお客様がチョイスしてネットワークを組んだり、すでに導入済みのシステムを生かした院内ネットワーク構築にシームレスに対応します。

 

ハードスペック

全機種 ソフトウェア 推奨マシン環境
OS Windows10 Professional64ビット
CPU インテル®Core i7-6700 3.4GHz相当
メモリ 8GB以上
内蔵HDD 500GB以上
CD-ROM CD-R/DVDコンボドライブ(スーパーマルチドライブ)
ディスプレイ 1920 × 1080以上 
ネットワーク コントローラー
1000BASE